アルデバラン

一般社団法人アルデバラン

画期的な癌治療法 「TRAF3IP2を標的とした新しい視点」

530 views
アバター
Yoshie Miyamoto
オルト教授からの論文についてお伝えします。

この論文では、TRAF3IP2を標的とした新しい治療法に焦点を当てています。分子生物学的研究により、がんが発生、成長、広がるメカニズムが明らかにされ、これらの「がんの特徴」に関連する経路を遮断または阻害することが、新しい治療法の基盤となっています。

がんの疾患別データ

乳がん、肺がん、大腸および直腸がんなどが、新たに診断されたがんの最も一般的なタイプです。

がん治療の主な障壁

がんの多様性: 異なるタイプのがんは異なる遺伝子変異を持っています。

治療耐性: 化学療法や放射線治療などに対する耐性が時間とともに発生します。

副作用: 重篤な副作用(吐き気、嘔吐、脱毛など)があります。

遅延診断: がんはしばしば進行した段階で診断され、転移のリスクが高いです。

費用: 高額な治療費により、全ての患者が治療を受けられない場合があります。

がんの特徴と治療の新しいアプローチ

TRAF3IP2の役割: TRAF3IP2を標的とする治療法は、がん幹細胞を排除し、転移を防ぐとともに、治療への抵抗性も緩和する可能性があります。

膠芽腫: TRAF3IP2をサイレンシングすることで、膠芽腫の増殖と発生が有意に阻害されることが実証されました。

生活の質

TRAF3IP2を標的とする治療は、治癒成功率を高め、再発のリスクを減らす可能性があります。

以下、論文です。

TRAF3IP2-Background-and-Results-1

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE